肌悩みはベースメイクで解消!
ファンデーション選びのポイントも紹介

化粧が浮く、崩れやすいという悩みは多くの女性が抱えていると思いますが、ベースメイクによって解消できることがあります!

特に乾燥について一度は悩んだことがある方も多いのでは?

乾燥肌の原因やファンデーションの選び方を以下で見ていきたいと思います。

乾燥の原因は?

私たちの肌は、水分・油分でできた皮脂膜と天然保湿因子(NMF)、セラミドなどのバランスにより角層(肌表面)のバリア機能が正常に働いています。

このバリア機能があることで、外部刺激から肌を守り、潤いを保っています。しかし、加齢や間違ったスキンケア、紫外線ダメージなどが原因でバリア機能が衰えると水分が蒸発しやすくなり乾燥肌へと繋がります。

こうした肌は「加齢性乾燥肌」や「乾燥性敏感肌」と呼ばれ、ほかにも「脂性乾燥肌」、「超乾燥肌」などに分類されます。

乾燥肌は基本的に外部刺激に弱く、肌トラブルを起こしやすいことからベースメイクを避ける方も多いと思いますが、ベースメイクをすることで保湿や紫外線カットなどの効果が期待できるため、ベースメイクをすることで乾燥肌の解消にも繋がります!

ベースメイクをする際は、乳液やクリームなどでしっかりと保湿をしてから行いましょう。

ファンデーションを選ぶポイント

タイプ別で選ぶ

肌のカサカサが気になる方は、クリームやリキッドなどこってりとしたテクスチャータイプのものがおすすめ。化粧下地を塗ってからファンデーションを塗ることで、ファンデーションが肌に密着するだけでなく、外的刺激からも肌を守ります。

保湿力の高さで選ぶ

保湿力の高さは成分表を見て確認しましょう。保湿成分の一例として、ヒアルロン酸やセラミド、フィトスフィンゴシンなどが挙げられます。

肌に優しいものを選ぶ

伸びが良いものだと摩擦が小さく、肌への負担も少なくて済みます。また、パラベンやアルコール、紫外線吸収剤、鉱物油不使用のものも肌に負担がかからず、乾燥肌の方にもおすすめ。肌トラブルを避けるために、クレンジングでキレイに落とせるものを選びましょう。

乾燥から肌を守るために、化粧下地との併用がポイント

保湿力の高い化粧下地を塗ってからファンデーションを塗ることで、より肌の保湿効果が期待できます。そこで重要なのが、化粧下地の保湿成分。乾燥肌にお悩みの方は、ヒアルロン酸やセラミド、フィトスフィンゴシンなど、保湿成分がたっぷり配合されたものを選びましょう。

そうすることで、肌を乾燥から守り、さらに、ファンデーションの密着を高めるため、美しい仕上がりになります。美肌菌活性のα-グルカンオリゴサッカリドで肌の菌活も最近流行してきています!

保湿成分をたっぷり配合の化粧下地 変化の違いからも肌を守ります

クインスラスティングカラースムーザーは、ヒアルロン酸やセラミドなど保湿成分をたっぷり配合した保湿力の高い化粧下地です。紫外線カット効果もあるので、保湿をしながら外的刺激から肌を護ります。また、パラベンやアルコール、紫外線吸収剤、鉱物油不使用の無添加処方なので、乾燥肌、敏感肌の方も安心して使用できます。

また、出かける際にコスメポーチが重い、機内に持ち込みができないと悩む方も多いのでは。ラスティングカラースムーザーは、コンパクトな仕様なのでコスメポーチに入れても気にならず、機内持ち込みもできるので旅行に行く際も気軽に持ち運びできます。

特に飛行機に長時間乗ったり、環境が変化することでお肌の調子も影響を受けやすいため、そんな環境の変化にも対応できるよう、クインスは下地で肌育成を叶えます!自肌から整えることで、肌トラブルをすっきり解消できます。

Quince Lasting Color Smoother01
Quince Lasting Color Smoother01

保湿力の高いベースメイクなら「Lasting Color Smoother」

会社名 株式会社クインス
住所 〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1丁目1-6
TEL(代表) 03-5640-1003
お問い合わせ 0120-091-417
設立 2018年11月1日
代表者 代表取締役 𦚰坂恵理子
事業内容 化粧品販売
URL https://quince.co.jp/