化粧下地選びのポイント!
自分に合った化粧下地でツヤ肌メイク!

数ある化粧下地の中から自分に合ったものを探すのに悩んだり、未だに何を使用したら良いのか分からない!という方も多いのでは?

メイクをする上で、肌の土台づくりは美しいメイクを維持するためにも重要です。自分に合った化粧下地を使えば、メイクの仕上がりもグッと良くなります。

今回は化粧下地を選ぶ際のポイントと、自分に合った化粧下地でツヤ肌メイクに仕上げるコツをご紹介します!

化粧下地を選ぶ際の3つのポイント

POINT1:色で選ぶ

化粧下地には色のついた補色ができるものがあります。それぞれの色が持つ特性を活かして、お肌の悩みをカバーしましょう。

例)

  • ピンク系:血色感が出る
  • ブルー系:赤みを抑える
  • パープル系:透明感を出し、華やかな印象に
  • ベージュ系:ナチュラルな仕上がりに

POINT2:テクスチャーで選ぶ

テクスチャーは伸びの良いクリームタイプをおすすめします。保湿成分が含まれたクリームタイプの化粧下地であれば、乾燥が気になる肌にも伸びやすく、ツヤ感たっぷりに仕上がります!

POINT3:仕上がりで選ぶ

化粧下地にはナチュラルに仕上がるもの、しっかりカバーするもの、ツヤ肌っぽく仕上がるものなど、さまざまな質感のものがあります。自分が理想とする仕上がりで化粧下地を選ぶことも大切なポイントです。

乾燥しているとツヤ感が減るので、ツヤ感のある潤った肌に仕上げたい場合は保湿力の高い化粧下地を選びましょう。肌の色を整えてくれるタイプのものであれば、メイクの仕上がりもアップします。

透明感のあるツヤ肌メイクのコツ!

化粧の仕方次第で仕上がりも変えられます。透明感のあるツヤ肌に仕上げるためのコツをご紹介します。

化粧下地編

肌色を補正し、透明感が出る化粧下地を選ぶとピュアで透き通るような印象に仕上がります。化粧下地は内側から外側へクルクルと円を描きながら塗り、密着させるのがポイントです。毛穴やくすみが気になる部分は、重ね付けをしましょう。

ファンデーション編

化粧下地で肌色をコントロールしている場合、ファンデーションをこってり塗る必要はなし!素肌感を残しながらも、アラはカバーできるファンデーションを選びましょう。仕上げにハイライトやパールの入ったフェイスパウダーを使うと、肌により上品な輝きと明るさがプラスされます。

チーク編

頬に血色感があると、透明感のある肌に見えます。チークは濃くし過ぎずに入れるのがポイントです。ボルドーチークだと大人っぽい雰囲気を、ピンクは可愛さを演出できます。

アイメイク編

ラメ感のあるアイシャドウはツヤが増し、透明感のある目元に仕上がります。ラメアイシャドウを単品で仕上げる時は、アイホール全体に薄く塗った後、黒目の上あたりに重ね付けをすると立体感が出ます。

ハイライト編

ツヤ肌メイクに欠かせないのが、ハイライトです。Cゾーン、鼻筋、眉上、上唇の山部分にほんのりのせるがポイントです。ラメが程良い大きさで、しっとりした使用感のものがおすすめ。ハイライトがあることで、肌の明るさと潤い感を演出できます。

リップ編

ベージュやコーラルなど、肌馴染みの良い色を選ぶとナチュラルな唇に仕上がります。透明感のあるメイクにはマットなリップではなく、ツヤ感のあるタイプのバームリップやグロスがおすすめです。

どんな肌色の方でも自然に馴染む この化粧下地があれば大丈夫!

Quince Lasting Color Smoother01

ベースメイクにこだわりたいという方には、クインス ラスティングカラースムーザーがおすすめです!自分磨きにも力を入れたいという女性に向けた、魔法の化粧下地。毛穴やくすみ、色むらなどを隠し、高い保湿力でつるんと滑らかな肌に仕上げます。

化粧崩れにも強く、お肌の大敵である紫外線や大気汚染からも肌を護ります。(SPF20・PA++)

オンラインでの購入はこちら

クインスのコスメで透明感のあるツヤ肌へ

会社名 株式会社クインス
住所 〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1丁目1-6
TEL(代表) 03-5640-1003
お問い合わせ 0120-091-417
設立 2018年11月1日
代表者 代表取締役 𦚰坂恵理子
事業内容 化粧品販売
URL https://quince.co.jp/